Che bello!「Showtime」9/14(水)配信!

  • Discography
2022.09.06

Che bello!「Showtime」9月14日(水)〜配信

STATION IDOL LATCH! Che bello!

饗庭 紡麦 /恵比寿駅(CV:高橋 英則)
伍代 晃/五反田駅(CV:三浦 祥朗)
羽振 寿里/田町駅(CV:小山 剛志)
大崎 新市/大崎駅(CV:菅沼 久義)

〈Che bello!〉Unitページ

Che bello!「Showtime」

作詞:辻村有記
作曲:Kevin Charge, 辻村有記
編曲:Kevin Charge
レーベル:LATCH! Project/JRE
発売元:LATCH! Project

Che bello! 「Showtime」配信サイトはこちら

ミュージックビデオ
Che bello! 「Showtime」が生まれるまでのストーリー 

楽曲のテーマ:「影のフィクサー」

ボイスドラマ#6にて、このテーマが決まるまでのストーリーが描かれています。
ぜひ楽曲と合わせて、そのストーリーもお楽しみください♪

ボイスドラマ#6『ちょうどいいバランス』を聴く

ボイスキャストインタビューコメント

JY21 恵比寿駅・饗庭 紡麦役 / 高橋 英則

①楽曲を受け取ったときの印象を教えてください。
自信を持って「カッコイイ!」と叫びたくなるような曲で【ギラギラもうクラクラ】したのを覚えています。
前回の曲でも感じられた『大人の魅力』、その中でも『色っぽさ』が多く詰め込まれており、高音、低音キーのバランスなどが織り交ざっていて無意識にリズムを刻んでしまいそうになる曲だと思いました。

②実際にレコーディングしてみての感想やエピソードを教えてください。
この日は曇り空から始まる朝でしたので涼しい気温に感じられたのですが、豪雨となり雷まで。
その影響ではありませんが機材トラブルでスタジオ移動。
一見収録に不安を覚えるような状況に見えますが「逆に楽しめ」と背中を押してくれるような曲だったので歌詞にある通り【止められない衝動】が収録に反映されたと思います。

③「ここを聴いてほしい!」など、パッセンジャーへメッセージをお願いします。
前回の曲との相違点として高音・低音キーがあり、そのバランスをぜひ感じてほしいです。
サビの部分もとてもカッコよく、歌詞のメッセージは十人十色の解釈が生まれてくるのではないでしょうか。
アダルトなチームと差別化していただいてますが、ナウいヤングの方たちにはどんなイメージが浮かぶのかも【答えはいつもMyself】非常に興味が湧いてきます。

JY23 五反田駅・伍代 晃役 / 三浦 祥朗

①楽曲を受け取ったときの印象を教えてください。
始めは、とにかくかっこいい!制作チーム本気出してきたなって感じました。
次第に、これ歌うんだよなー大丈夫か?と。
けど今回一番強く思ったのは、これをパッセンジャーの皆さんの前でカッコよく歌いたい!でした。

②実際にレコーディングしてみての感想やエピソードを教えてください。
レコーディングスタッフの皆様が、とても優秀かつ優しいので、想定よりスムーズに進んだ気がします。
まあ、白状しますと。大変迷惑をおかけするだろうと思っていたので、差し入れして何とかしてもらおう作戦を実行しました。いや、お恥ずかしい。

③「ここを聴いてほしい!」など、パッセンジャーへメッセージをお願いします。
もちろん全部なんですが。あえてあげるなら、この難しい曲でも各キャラが出せているところは、結構すごいことだと思うんだ。ほめてくれ。
そしてパッセンジャーの皆様にも気に入っていただける、カッコイイ曲になってます。
静かにテンションを上げたい時などに聴いてください。で、ゆくゆくは何処かの会場で一緒に!

JY27 田町駅・羽振 寿里役 / 小山 剛志

①楽曲を受け取ったときの印象を教えてください。
とんでもねえ曲が来たなと。俺もそうだけど、他のオジサン達大丈夫かなぁって(笑)。

②実際にレコーディングしてみての感想やエピソードを教えてください。
すごく難しい曲なんだけど、歌ってる内に何となく様になってきて、仕上がり聴いたらめっちゃカッコいい曲なんだと改めて気付きました。

③「ここを聴いてほしい!」など、パッセンジャーへメッセージをお願いします。
そもそもすげえカッコいい曲だし、それぞれのキャラなりのオカズ(俺は巻き舌)も各所に散りばめられています。
こんなテイストの曲は俺達「Che bello!」ならでは。
ワンアンドオンリーのこのテイスト、どっぷりと楽しんでください。

J24 大崎駅・大崎 新市役 / 菅沼 久義

①楽曲を受け取ったときの印象を教えてください。
今回はフィクサーがテーマと言うことで、最初にこの楽曲を聴かせていただいた時、これは確かにフィクサーっぽいなと、それと同時にこれは僕の歌の収録人生最大の難曲だなと思いました。
その分この曲をしっかりと歌いきればこんなにかっこいい曲はないとも思いましたので全力で収録に挑ませていただきました!!

②実際にレコーディングしてみての感想やエピソードを教えてください。
事前に結構前から音源をいただいていたのでしっかりと練習もできたのでレコーディングはスムーズに行けたと思います。
しかし、ただでさえ難しい楽曲なのに大崎君で歌うのはより難しかったです。
他の皆さんもきっとそうだったと思います。まだ4人全員が合わさった完成版を聴けていないので非常に楽しみです♪

③「ここを聴いてほしい!」など、パッセンジャーへメッセージをお願いします。
サビが1番苦労したところなので是非聴いていただきたいなと思います。
最初にデモテープが来たときに一体どこで息継ぎをしたらいいのかと本当に悩みました。
でも練習していくうちにここで1回吸えるぞってだんだんわかってきて収録ではうまく歌えたのではないかと思います。
是非皆さんもサビを一度歌ってみてください、大変ですよ(笑)。