ケ ベーロ!

Che bello! Che bello!
Che bello!
ケ ベーロ!
「大人の色気」を全面に打ち出した、夜が似合うアダルティなユニット
楽曲

3rd CD 『STATION IDOL LATCH! 03』

関連楽曲

ユニット名の由来

《前編》

饗庭「――そして俺は天を仰いで叫んだんです。『Che bello! Che bello!』って!」
大崎「ケロケロベーロ? どういう意味ですか?」
饗庭「なんて素晴らしいんだ! なんて美しいんだ!――そんな感動を表現する言葉さ」
伍代「それが、大江戸線の代々木駅改札でお前のハンカチを拾ってくれた女性が、乗り換え先の山手線の代々木駅ホームにいたことに感動して、思わず言った言葉か?」
饗庭「この運命的なシチュエーションに、俺は声を上げずにはいられなかったんです!」
伍代「同じ代々木駅だ。そりゃあバッタリもう一度会うことだってあるだろう」
饗庭「ああ……その方にも、同じことを言われました」
羽振「チッチッチ。一度離れた二人が磁石のように引き寄せ合う――ポケベル時代だったら、それだけで運命感じちゃうってもんよ」
大崎「ポケベルってなんですか?」
羽振「は? マジかよ」
饗庭「俺は知っていますよ。指先で紡ぐ愛の電子信号……そうですよね?」
伍代「電話機能もついてなくてな。短い数字だけでメッセージを伝え合うんだ」
大崎「へ~! 指先から数字ビームを出してたんですね!」
伍代「……さすがにそれはマズいな。大崎、後でちゃんと教えてやるよ」
大崎「やった~!! 僕も、数字ビームを出せるようになりたいです!」
 
羽振「そういやあ、ポケベルを使ってた頃は、上手く待ち合わせ場所を伝えられなくて会えない夜なんてザラだったな」
大崎「スマホがあれば、すれ違ってもすぐに連絡できますもんね」
伍代「俺は、いつも監視されてるような最近の端末は好きじゃない。何に追われるでもなく、バーで静かに一人の夜を過ごしていたい」
饗庭「俺は、そんな光景を遠くから観察していたい……」
伍代「遠くからはやめてくれ」
饗庭「えっ? じゃあ、お隣に座っても?」
伍代「……いつもなんだかんだ言って隣に座ってくるじゃないか。遠くから見られるよりはマシだ」
饗庭「伍代さんのお気持ち、心の宝箱にしまっておきます。そして時々、そっと取り出してはうっとりと眺めることでしょう。伍代さんが俺を隣に置いてもいい存在だと認めてくれた――」
 
レチ「スタジオ使用時間、アト5分で終了デス」
 
羽振「あん!? もう終わりか!?」
大崎「あれ? そういえば僕達、ここで何してたんでしたっけ?」
饗庭「それはもちろん……おや、最初から最後まで、世間話しかしていませんでしたね」
伍代「そういえば今日は、ユニット名を決めるためのミーティングだったな……」
羽振「ミーティングなんて慣れねえことするから、関係ねえ話ばかり弾んじまったなぁ」
饗庭「素晴らしいひと時でした。たまにはこうして、スタジオでミーティングするのも新鮮で素敵ですね」
大崎「次回は、ボードゲームとお菓子をいっぱい持ってきましょう!」
伍代「酒の持ち込みは……さすがに禁止か」
羽振「っつーことで、ユニット名は無しって東海林に伝えとくか!」
大崎「決まる気、しませんもんね! あははは!」